2017年08月09日

発達段階に即す

日本サッカー協会の講習で、小さい子の指導に、発達段階を考えるものがあります。

球蹴りを小さい子に教える経験は、体育の授業でしかありません。
しかし、発達段階を理解して指導するのは、学校でも同じです。

大人でフットサルデビューをする人には、子どもとは別の思考や成長の曲線があると考えています。

当たり前だけど、子どもの指導に関する情報は多いけど、大人に関するものは多くありません。
この分野に関しては、15年付き合ってきました。
私自身の経験だったり、チーム運営など。

若い時に、もっと将来を見通して、努力のベクトルを考えていれば・・・と後悔しています。
勉強の仕方を考えて、論文を書いて、大学で教鞭をとっていたかもしれない。
うまくイメージできないけど。
posted by かんとっくま at 22:49| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

基礎技術を、確実に身につけさせる

基礎技術ってなんぞや?

と聞かれれば、いろいろな答えが出てくると思います。

私の答えは、
「誰でも身につけることができる技術」
と定義しています。
ここで言う「誰でも」とは、主な運動経験がない社会人とします。

何をどれくらい練習すれば、最低これくらいの技術が身につく。

と言うものを見通して、毎回練習しています。


posted by かんとっくま at 22:21| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

最近見ない人

一昔前、時間が空けばフットサル。
と言う様な人がたくさんいました。

私自身が落ち着いてしまったので、その様な人と縁がなくなってしまったと言えるかもしれませんが・・・

私自身の記録は、
一ヶ月で
プレーした 20回
運営した  13回
です。

転職して、仕事をしていない谷間の月に、三日に二日でボールを蹴っていたんですね。
練習を回した13回は、現在のチームの二期生のころです。平日も練習をしていました。

プレーに関しては、全くしなくなったので、もうこの記録は超えることはなさそうです。
練習を回す回数も、もうないかなぁ・・・
と思うと寂しいです。

これに目を通された方々へ。
状況が許すなら、できる限りやっておきましょう。
やり切った!と言うことが大切です。
私はやり切ったとも言えるし、まだまだできたなぁとも言えるし・・・
なんだかモヤモヤします。
posted by かんとっくま at 21:31| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする